@セラミド

セラミドとは?セラミドがわかるセラミド総合サイト

@セラミドは「セラミドって?」「セラミドの効果は?」「セラミドのサプリって何がいいの?」「セラミドの化粧水や美容液ってどうなの?」など、セラミドについてのいろんな疑問にお応えしているセラミド情報サイトです。

セラミドってこういうものなんだ!と気づいてハッピーになっていただけたら幸いです。

セラミドの効果とは?

美容効果があると噂されるセラミド。いったい何なのでしょう?

セラミドとは、肌の一番表面にある角質層と皮膚の間にある脂肪間脂質です。セラミドの役目は、角質層に水分を蓄える事です。セラミドとは角質細胞間を埋める細胞間脂質と言われるように脂なのですが、その構造は水分と脂分が交互に重なった状態なのです。ですから、乾燥した空気中においても、水分を脂質間につなぎとめる役割をします。セラミドが細胞間に充分蓄えられていれば、ダニや埃などの外部からの刺激を受ける事はありません。

セラミドの一定量が少ない人はバリア機能が低下しているので、乾燥肌やアトピー性皮膚炎や敏感肌の人が多いといわれています。たくさんあるセラミド配合の化粧品やラミューテ化粧品には、乾燥肌に効果があるといわれています。またセラミドには、シミやそばかすの原因となるメラニン色素をおさえる効果もあるといわれています。セラミドが減少する原因には、ストレスや加齢が考えられています。

日常の洗顔方法も見直してみましょう。毎日行なう洗顔ですが、その洗顔方法は合っていますか?実際ほとんどの人が肌を洗いすぎていると言われています。肌を洗いすぎる事は、大切なセラミドを洗い流してしまう事になります。

セラミドを摂取できる食品

セラミドが不足すると、様々な肌荒れの症状がおきてきます。できれば定期的にセラミドを補充したいものですね。

化粧品やラミューテでセラミド配合のものを使用する手もありますが、実際肌に直接つけるだけでは根本的な解決はされません。確かに化粧品を使用した直後はしっとりするかもしれませんが、しばらくすると肌はまた乾燥状態になってしまいます。本来のセラミド効果を得たいならば、自分の体内でセラミドを作らなければいけません。できればセラミドをたくさん含む食品を、日常的に摂取しましょう。

代表的なものには、大豆・小麦・米・ヨーグルト・キビ・蒟蒻などです。特に蒟蒻芋には、小麦の10倍ものセラミドが含まれると言われています。しかし市販されている蒟蒻には生芋蒟蒻ではなく、精粉を使用しているのでセラミドの含有量は大幅に違います。蒟蒻からセラミドを摂取したいと思ったら、出来れば原料表示を確認してから購入しましょう。その他の食品には黒豆・あずき・ヒジキ・蕎麦・コーヒーなどにもセラミドが豊富に含まれると言われています。

セラミドを充分摂取するためには、それと一緒に取る事でよりセラミドを吸収できる食品があります。出来れば合わせて積極的に摂取しましょう。セラミド配合のサプリメントも多く市販されているので、こちらも活用しましょう。

セラミドって!みんなの質問


Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/petitrich/public_html/www.aprell.com/rss/rss6.php on line 8

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/petitrich/public_html/www.aprell.com/rss/Parser.php on line 567

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /virtual/petitrich/public_html/www.aprell.com/rss/Parser.php on line 432

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /virtual/petitrich/public_html/www.aprell.com/rss/Parser.php on line 379

セラミド関連情報